黒酢とは何か

黒酢とは、お酢の種類のひとつです。見た目は褐色し、風味が独特なのが、黒酢の特徴と言えます。黒酢の原料は玄米もしくは大麦です。この原料を1〜3年の期間をかけて発酵、熟成させて黒酢が完成します。
黒色に着色した酢がすべて黒酢に該当するという認識をされている方が多いですが、それは間違いです。
黒酢とは何を指すのか、明確なことは決まってませんでしたが、2003年に農林水産省によって黒酢のJAS規格を定めました。
その際に設けられた基準として、まず1Lにつき原料は180g以上とされています。(※原料には白米や糖部分がついていないものは認められていません)
次に、黒酢の特徴である褐色は着色でなく熟成によって自然と褐色させることとされています。
これらの条件を満たしてる場合に、「黒酢」として販売することが出来ます。
過去に健康志向が高まった時に黒酢の人気が高まり、今現在でも多くの人から黒酢は愛されています。
黒酢には、ダイエット効果のある必須アミノ酸、疲労回復効果のあるクエン酸が多く含まれています。それが、黒酢が人気の理由のひとつとなっています。
また肝臓には肝臓の機能を助けるサプリもよいでしょう。
この特徴に着目した企業が商品開発に踏み切ったという背景があります。
最近ではこの特徴的な黒酢に更に健康的な成分のある「りんご・はちみつ・きんかん」などを用いて、販売されている黒酢の種類は増えています。